最悪を最高にする方法!

何か新しいことをやる時、行動ができない人がたくさんいます。

理由を聞くと『勇気が出ない』と言う人が多いです。

例えば、人前で喋ってみたいって言う人はたくさんいます。
しかし、実際に行動する人はほとんどいません。
勇気が出なくて行動できません!と言い訳するんですね。

行動するのに勇気なんて必要ないです。

まずは『なぜあなたが行動できないか』を論理的に考えることです。
その原因は『失敗を恐れすぎ』ているのです。
失敗して他の人から白い目で見られ、恥を掻きたくない!
これが一番の原因です。

■失敗を恐れずに行動する

『あなたが思っているほど他人はあなたに興味がない』
ということをよく理解するべきです。
これを理解するだけで失敗しても楽になります。

多くの人は『みんな自分に注目している、
失敗したら非難を受ける』と思っているんです。

あなたが思っているほど他人はあなたに興味がないですし、
話3秒たったらあなたのことなんか忘れてしまします。

あなたも、道端で派手に転んだ人を見て一瞬面白い!
と思うかもしれませんが、通り過ぎた瞬間に別のことを考えますよね。
ましてやその転倒を次の日に思い出し笑いなんかしませんよね。

みんな自分のことで精一杯なのでいちいち覚えていません。
覚えているのは自分だけです。
この事実をよく理解してください。
『誰も私に興味がないんだ』って思うと何でもできます。

■人間が行動する二つの原則

1 痛みから逃れるため
2 快楽を得るため

人間の欲求は大きく分けてこの二つです。
あなたも毎日寝たり、ご飯を食べたりすることは
継続して行動できているはずです。
これは人間の死という痛みから逃れるための行動です。

一方ビジネスの話になると、恥を掻くことが
苦しみだと思っているから多くの人は行動できないんですね。

『行動することで苦しみから逃れることができる』
と思考を変えれば行動できるようになります。

または、『恥を掻いて行動することが快楽に結びつく』
ように思考を変えれば行動できるようになります。

失敗した時に考えてほしいのは
『これでまた成功に近づくことができた』
と思うように意識してみてください。

あなたも自分の失敗を次の成功へ
結びつけるように意識することをおすすめします。

恥を掻いたら自分で意識して無理やりプラスに解釈する!
これが行動を誘発する秘訣です。

酒井和