1%でも負ける可能性があるなら逃げろ!

ビジネスや目標を達成するには全て「理詰め」
でいくべきだと思います。

論理や理屈で説明できないと、
1%でも負ける可能性が出てきてしまうからです。

1%でも負けてしまう可能性があるなら
その勝負には挑むべきではありません。

必ず勝てる土俵でしか勝負をしないのです。

例えば世の中の95%が投資で負けているのは
なんとなく勝てそうだ、など、論理的な理由がありません。
私が株式投資をする時は、自分のルールにマッチした
確実に勝てるという確信の基で銘柄を購入します

そうです、どう考えても負けようがない場所に戦いを挑み、
そして圧倒的な勝利を掴んで帰ってきます。

イメージとしては、横綱が、小学生と相撲を取る感じです。
だからこそこれまで投資、ビジネスで負けてこなかっただけです。

少し努力すれば、このイメージに持って行ける
可能性は大きくあります。

この絶対的な勝利のイメージと共に重要なものが
「チャンス」です。

「すぐれた能力も、機会が与えられなければ価値がない」
とは、フランスの革命家ナポレオンの言葉ですが、
やはり能力や才能を発揮するためには、
そのための環境や機会が必要になってきます。

例えば、勉強の才能がものすごくあるのにも関わらず、
経済的理由で大学に行けない方なんかは世界中に多くいます。

「機会の手に入れ方」ですが、基本的には
自分から取りに行くというスタンスがおススメです。

自分からは何も動かずにチャンスが
降ってくるのはそうそうありません。

「チャンスが無ければ、自らチャンスを取りに行け」とは、
「自助論」を著した自己啓発の大家、
サミュエル・スマイルズの言葉ですが、
やはりこれが成功方法の一番基本でしょう。

「まず自分で動く」このスタンスを
徹底することができれば、「よほど適性が無い」
という場合を除いてある程度成し遂げることができます。

どんな時でもまずは「アクション」すること
を念頭においてください。

酒井和