起業が成功すれば「幸福」のウソ!?

我々は何のために生きるのか?

私は、より長く「幸せ」を感じるために生きるのだと思います。

幸せになる方法は実はほとんど解明されています。

幸せの定義は人によって違いますが、50%は遺伝で決まるという実験結果が出ています。

残りの50%は、40%が「意図的な行動」、そして残りの10%が「環境」です。

幸福を決定付ける要因は3つあるということです。

ここで言う「環境」というのは、
・お金を持っているか?
・結婚してるか?
・容姿の美しさ?
・豪華な家?
・仕事がうまくいっている?
・健康か?
のようなものです。

これらは幸福度100%の内、最大でもわずか10%しか占めていないというこのです。

お金をたくさん持っていた方が幸せだというイメージがありますが、統計的には誤りです。

「裕福な経営者とその労働者の幸福度はあまり変わらない」という実験結果もあります。

また、結婚している方が幸せだというイメージがありますが、「結婚後の方が幸福度が低く」なるようです。

つまり、これらの物質的な豊かさをいくら追求しても、今よりも更に幸せになることはないということです。

より効率的に幸せになるためには、残りの40%、意図的な行動(思考パータン)の質を上げるべきなんです。

では、幸福値が高かった人の考え方や行動はどのようなものなのでしょうか。
・他人と比較しない
・楽観的になる
・感謝の気持ちを表す
・人を許す
・熱中できる活動を増やす
・目標達成に全力を尽くす
これらは、どれも科学的なデータに裏付けられた幸福になる法則です。

情報があふれる現代社会において、多くの人は毎日、無意識のうちに

様々なモノ・コト・ヒトと自分とを比較をしていますこれを「社会的比較」といいます。

当たり前のことですが、社会的な比較に注意を向けすぎると幸せになれません。

比較した対象が自分より上だった場合、劣等感、苦悩、自尊心の欠如に繋がります。

社会的比較はゴールがないため「無限ループの負けゲーム」に参加しているようなものです。

自分よりポジションが上の人というのは、どの角度から見ても、つねに存在するからです。

では幸福な人とはどんな人か?

「幸福度が高ければ高い人ほど、周りの人との比較に関心を払わない」のです。

起業をすれば自由になって、幸福度が増すと考えている人が陥る落とし穴です。

起業をしようが、お金を稼ごうが「自己満足」ポイントを心得ている人こそが

幸福な生活を継続できるのです。

他人の評価を気にせず、自分がどうなりたいかを極めて行きましょう!